迷える子羊は読んではいけない。『人生の100のリスト』ロバート・ハリス 著。

やりたいことがあるならば、まずは書き出してみることだ。 そうすれば、不思議と願望は叶う。 なんてことは書いていない。 そこらへんに転がっている、耳に心地よい言葉で綴られた自己啓発書みたいなヌルイ内容を期待して本書を手に取ると、安酒のように混沌とした読み心地に悪酔いしてしまうだろう。

PRとはなんなのかを事例で感じる。『人を振り向かせる”さわぎ”のおこしかた』山崎祥之 著。

のっけからタイトルと矛盾するような印象があるが、本書は「どうやって”"さわぎ"を起こせばいいいのか」の具体的な手法を説明した書籍ではない。 これは著者本人も、本書をマニュアルではなく「自分がやってきたこと、感じてきたこと」を書いた本だと冒頭で宣言している。

マルチディスプレイは低コストでできる、最強の効率化

最近、僕は物を書くようになって、あらためて色々と書き方のノウハウを調べているのですが、気付いたことがあります。 それは、言い回しなどの言葉の使い方や文章構成についての情報は多いのですが、作業環境についての情報が少ないということです。 そこで、実際に物書きをしている人はどのような環境で作業をしているのか、実例のひとつとして僕の作業環境を紹介します。

PCを買うときに最低限みておくべきポイント

PCが必要になったけれど、なにを買えばいいのか分からない。 家電量販店の店員さんの言われるがままでいいのだろうか。 そんな悩みを持ったことはないでしょうか。 基本的には店員さんのおススメで問題ないとは思いますが、それでも自分である程度は良しあしを判断して買いたいものです。 ここで、基本的なPCのスペックを表す言葉と注意点などを説明します。

ノートを取るだけが勉強じゃない。独学のコツ。

先日、友人から、子供の学校での成績が振るわないという相談を受けたのですが、なにも有益なアドバイスができなくて反省しました。 そこで、あらためて効果的な勉強法などについて考えてみたのが本稿です。 学習理論と体験を混ぜた自分なりの学習法ですが、学生さんや資格試験に挑む社会人の皆様のためになれば幸いです。

自己啓発の定番。資格取得は役に立つのか?

毎日毎日、仕事に行って帰ってきては酒を飲みながらyoutubeを観て寝オチする。 こんな日々じゃダメだ、よし未来の自分のためになにか始めよう。 そんなときの定番と言えば、やっぱり資格です。 でも実際のところ、資格取ったらなにか変わるの? 役に立つの? と迷ってしまって動けない、なんてことないでしょうか。 人生迷いっぱなしで、今でも迷い続けている僕がその疑問に答えます。